知った上での後の行動はどのように?占いの結果

占いの結果を見て・・・「なによこれ。全然当たってないじゃない」なんてことを批判的に思っている人は少なからずともいるでしょう。そういう人たちは、「私はこういう風に判断されてしかるべし」なんてことを思っているばかりに・・・理想が高いのです。もちろん、それだけ自分に可能性を求めていることはとても素敵なことでしょう。ですが、頭でっかちになって「なんで私がこう判断されないといけないの?」なんてことを思ってはいけないのです。

「人の意見を聞き入れない」そもそもそういう人は・・・占いをすべきではない。自分の中にある答えは、きっと占いをする前から誰だって決まっているのです。例えば何かに悩んでいて「本当は、ずっとこの関係を続けていきたいけど・・・このままでいいのでしょうか?」なんてことを思っている人がいるとしましょう。こういう人は、少なくても「応援して欲しい」のです。だからこそ。「これでいいのでしょうか?」ということが知りたいのではなくて「こうでいいと言って欲しい」と、思っているわけです。

占いとするにしても、たくさんの方法があるでしょう。占い師さんはそれをしているように見せておきながら・・・「この人がこの道を進んでも、この先いいことがあるのか?」なんてことを思っていることでしょう。なんと言っても「対人間」なのです。せっかく来た悩める人に、元気を与えるのが占いの力だからです。だからこそ、「それはやめた方がいい」なんてことを言われてしまうと・・・きっとあなたは期待していた言葉が来ないばかりに、きっと深く落ち込んでしまう。そして、どうにも解決することができないのならば、「占いがあそこだけではない」と、また違うところに行くのでしょう。

占い師さんは相談しにきた人のことを見ているものです。そして、その多くが暗い顔をしている。あなたがもし、占いで背中を押して欲しいと思っているのならば、もっと明るい顔で占いされてはどうですか?

オリジナルなシャツを作成するなら[モリ・フロッキー]にお電話を!

下関 歯科 審美

浮気調査 メール 履歴

太陽光発電 メリット 環境

太陽光発電 デメリット 解決策